仮性包茎の術後に困ったことがある場合は早めにクリニックに相談することが大切

手術で改善させることも考える

仮性包茎の場合は、特に治療が必要でない人もいます。
とはいえ、やはり包茎には変わりありませんので見た目のことでコンプレックスを持つ人もいます。
さらに、恥垢が溜まりやすいことや早漏になりやすいなどで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
仮性包茎の悩みを解消するなら、手術も検討してみましょう。
手術というと、大変な治療になるというイメージもありますが、仮性包茎の場合は比較的症状も軽く、治療の難易度も高くないので術後の回復も早いといわれています。
仮性包茎の場合は、保険適用ではなく自由診療になることは理解しておきたいところです。
仮性包茎で良い改善を得るためには、治療の技術力が高いクリニックを選ぶことが大事です。
術後は、抜糸をする治療もあれば、吸収糸を使い抜糸の必要がない治療を選ぶこともできます。
術後の通院回数を減らすなら、抜糸が必要のない治療を選ぶなどそれぞれの好みに合わせて選んでいきましょう。

アフターケアの良い病院を選ぼう

仮性包茎の手術は、麻酔をして行いますので治療中の痛みの心配はありません。
麻酔が切れたあとは、痛みが生じる可能性もありますが、クリニックでは痛み止めを処方してくれます。
術後の痛みが強い場合は、我慢せずに痛み止めを利用しましょう。
仮性包茎の術後は経過が良くスムーズに回復する人もいますが、術後の腫れや痛みが強いなど不具合が発生する人もいます。
そんな場合は、我慢せずに早くクリニックに相談することが大事です。
アフターケアの良いクリニックなら、24時間対応などで術後の悩み相談に応じてくれます。
不具合を放置していると、痛みがなかなか引かないだけではなく、機能に障害が出る可能性もあります。
アフターケアが良い医療機関を選んでおくと、術後にもしものトラブルが発生してもすぐに対処できるので安心です。
安心して治療を進めていくためにも、治療方法や価格だけで選ぶのではなく、アフターサポートの良さも重視しましょう。

まとめ

仮性包茎にも様々なデメリットがありますが、そうしたデメリットも治療を受けることで改善が期待できます。
術後は、麻酔が切れてから痛みなどの症状が出る場合もありますので、アフターケアも丁寧にしておきましょう。
不具合が発生した場合は、我慢せずに早めにクリニックに相談することも大事です。
アフターサポートが充実した医療機関を選んでおけば、もしもの不具合にも早急に対応することができます。
申し込む前には、アフターサポートや保証についてもよく確認しておきましょう。

コメントを残す