性欲があったとしても仮性包茎の術後は自慰行為も控えるべき

仮性包茎という問題について

女性には生理や生理痛など、毎月のようにホルモンバランスを崩して様々な弊害が見られます。
こうしたことは男性には見られないと思われがちですが、そうではありません。
男性にも男性自身の問題が存在します。
例えば仮性包茎や真性包茎がその代表的なものでしょう。
まず亀頭は全てが出ていなければいけませんが、包皮に包まれ亀頭が半分だけ出ていたり、すべて亀頭が包皮に隠れているということがあります。
これは男性のコンプレックスになりやすく、セックスの際に見られるのが恥ずかしいと言った悩みを抱えたり、早漏でセックスで満足感を与えられないなど問題も生じます。
加えて仮性包茎も真性包茎も、衛生面で問題があります。
亀頭が皮を被っていると包皮の間に恥垢が貯まりやすく成ります。
恥垢が貯まると、悪臭を放つようになりそのことでセックスができなくなることもあります。
不衛生であり、コンプレックスを抱えているのであれば、包茎手術を受けたほうがよいと言えます。

仮性包茎手術と術後の自慰行為について

仮性包茎手術は亀頭に癒着している包皮を切除し、縫合して亀頭を出してしまう手術です。
全身麻酔で仮性包茎手術が行われますが、術後は麻酔が切れると痛みを生じたり、赤く腫れあがることもあります。
術後痛みを生じた際には、医師に処方してもらっている痛み止めをF供養することが大事です。
術後日数を経過すれば次第に痛みが和らいできます。
また仮性包茎手術の後性欲が高まって、セックスやオナニーなど性行為や自慰行為をしたいという衝動に駆られる人もいます。
術後の性欲は、出来るだけ抑えセックスやオナニーをしないようにしなければいけません。
術後ペニスを摩擦するような行為があると、縫合している糸が切れて出血したり、痛みの他ペニスの型崩れを起こします。
そしてセックスでは女性の淋病や梅毒、クラミジアなど性感染症に感染してしまう可能性が高いのです。
術後は性欲を抑える様はやめに寝たり、心を落ち着ける音楽などを聴き気を紛らわせることも大事です。

まとめ

男性には仮性包茎や真性包茎など、女性にはなかなか理解されない悩みがあります。
包茎は亀頭が半分、もしくはすべて包皮に隠れている状態を指します。
包茎は見た目の悪さだけでなく、早漏などセックスでも問題が生じコンプレックスになってしまいます。
包茎であるなら仮性包茎手術などを受けるとよいでしょう。
術後は性欲があってもセックスやオナニーと言った性行為は控えるべきだと言えます。
それは摩擦で縫合がとれ、型崩れを起こし性感染症のリスクが高いからです。

コメントを残す